NFTとは?チャン・グンソクが表紙を飾った「@star1」創刊号、創刊10周年記念でNFT発行!

エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

NFTとは?

NFT(Non-fungible token)を日本語訳すると「非代替性トークン」という意味で、唯一無二の価値を生み出すデジタルデータを指す。

そのデジタルデータNFTを新たに発行・作成すること。

NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。

そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

デジタルアートやブロックチェーンゲームなどで現在多く活用され、その市場規模は拡大している。

 

 

「アットスタイル(@star1)」韓国俳優・チャン・グンソクをNFTで召喚。

チャン・グンソク「アットスタイル(@star1)」

この度、スタースタイルマガジン「アットスタイル(@star1)」が創刊10周年を記念して、創刊号の表紙を飾った韓国俳優・チャン・グンソクをNFTで召喚するとのこと。


「アットスタイル」は2012年3月21日、創刊後にカバーを飾ったチャン・グンソクの表紙と写真、インタビューをNFTで発売すると明らかにした。

チャン・グンソクのNFTプロジェクトは、チャン・グンソクの写真や記事を含む8種199個が発行される予定だ。

ファンに「AirDrop」で無料で提供される。

 

チャン・グンソク「アットスタイル(@star1)」


特に今回のNFTはチャン・グンソクの26歳の時の初々しい姿と当時のインタビューをそのまま盛り込んだもの。

服務とコロナ禍で、チャン・グンソクに長い間会えなかったファンにとって特別なプレゼントになる見通しだ。

 

「アットスタイル(@star1)」でのチャン・グンソク

 

チャン・グンソクのプロフィール

チャン・グンソクの略歴

韓国俳優チャン・グンソクは、日韓共同制作映画『着信アリFinal』に出演し日本でも徐々に名が知られるようになった。

韓国では6歳からモデルとして活躍し、テレビ番組のMCも務めるなど、可愛らしい愛嬌とユーモアのあるトークでお茶の間の人気者として活躍している。今後日韓で最も期待される若手イケメン俳優の一人だ。

 

チャン・グンソクの代表作

【ドラマ】
『プラハの恋人』(05/SBS)、『黄真伊(ファン・ジニ)』(06/KBS)、『ベートーベン・ウィルス』(08/MBC)『メリーは外泊中』(10/KBS)、『ラブレイン』(12/KBS)、『きれいな男』(13/KBS2TV)



【映画】
『着信アリFinal』(06)、『ドレミファソラシド』(07)、『赤ちゃんと僕』(08)、『人間、空間、時間、そして人間』(日本公開20)

 

一方、来る6月3日、4日には日本のファンのため約4年半ぶりに来日予定。

「We will meet again」ファンミーティングが開催される予定だ。

 

 

まとめ

チャン・グンソクが表紙を飾った「@star1」創刊号、創刊10周年記念でNFT発行というニュース。

長い間、会えずに待っているファン(うなぎ)の皆さんには嬉しいプレゼントになりそうですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました