朝ドラ最近の視聴率は?浜辺美波、23年前期朝ドラ「らんまん」ヒロインに決定!神木隆之介の妻役。役どころとあらすじも。

エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

女優の浜辺美波が、2023年度前期のNHK連続テレビ小説「らんまん」(2023年春放送予定)のヒロインに決定したことが10日、同局より発表された。

連続テレビ小説への出演は「まれ」(2015)以来二度目となる浜辺は、主演を務める神木隆之介の妻役を担当。

尊敬する先輩・神木との共演に、「企画書を読む手が震えるほど嬉しかったことを覚えています」とコメントしている。

浜辺美波
スポンサーリンク
スポンサーリンク

23年前期朝ドラ「らんまん」のあらすじと役どころ。

「らんまん」の主人公は、後に“日本の植物学の父”と称される槙野万太郎(まきの・まんたろう)。

実在の人物・牧野富太郎をモデルとしている。

しかし、本作はある植物学者の波乱万丈の物語として再構成しているため、原作はなく、人物名や団体名などを一部改称したフィクションとして描かれる。

浜辺が演じるのは、富太郎の妻・寿衛をモデルとした槙野寿恵子(まきの・すえこ)。

東京の下町で母と菓子屋を営んでいた寿恵子は、万太郎と運命的な出会いを果たし、後に結婚。

植物研究に金をつぎ込む夫のため、苦しい家計をやりくりし、あっと驚く方法で家族を救う。

一方、主演の神木隆之介は、小学校中退という学歴にもめげず、独学で植物学をきわめ東京帝国大学植物学教室の門をたたき、のちに「日本の植物学の父」と称される槙野万太郎役を務める。

 

出演が決まった浜辺美波のコメント。

「祖父母、親孝行になる朝ドラという歴史ある番組に神木隆之介さんという敬愛する大先輩と共に出演させていただける機会との巡り合わせに、企画書を読む手が震えるほど嬉しかったことを覚えています」と心境を告白。

脚本を務める長田育恵とも話をしたそうで、「夫を支えるひたむきな妻、という姿だけではなく寿恵子さん自身が植物のように根を強く張り逞しい女性として生涯を万太郎さんと駆け抜けて行けたらよいなと思っております」と意気込んでいる。

 

主演の神木隆之介のコメント。

「浜辺美波さんのお名前を聞いた時、純粋に嬉しかったです。

心から信頼をしている方なので万太郎と寿恵子さんの関係にこの信頼を乗せて築き上げていけたらいいなと思っています」とコメント。

 

プロデューサーの板垣麻衣子さんのコメント。

「寿恵子は、どんな状況も、決して明るさを失わず、軽やかに鮮やかに乗り越える、かっこいい女性です。

浜辺美波さんは、花のような可憐さがありながらも、芯のあるかっこよさを感じさせてくれる俳優さんです。

神木隆之介さん演じる万太郎とどんな家族を作ってくれるのか、万太郎や 寿恵子自身の才能をどのように咲かせていくのか、楽しみでなりません!」と期待を寄せている。

 

2020年前期朝ドラ「エール」以来の男性主人公。

同ドラマは、朝ドラとしては、『エール』(2020年前期/主演:窪田正孝二階堂ふみ)以来となる男性の主人公。

舞台作品を多く手がける劇作家・長田育恵が脚本を担い、2023年春からの放送予定で、2022年初秋にクランクインするという。

 

浜辺美波プロフィール。

浜辺は石川県出身で、2000年8月29日生まれの21歳。

2011年に第7回『東宝シンデレラ』オーディションニュージェネレーション賞を受賞し、同年公開の映画『アリと恋文』主演で女優デビュー。

その後、2017年には映画『君の膵臓をたべたい』で第41回日本アカデミー賞 新人俳優賞などを受賞している。

ここ数年の朝ドラの視聴率は?

放送年度 番組名 世帯視聴率 個人視聴率
初回番組
平均視聴率(%)
最高番組
平均視聴率(%)
期間平均(%)
(初回~最終回)
初回番組
平均視聴率(%)
最高番組
平均視聴率(%)
期間平均(%)
(初回~最終回)
2022年 ちむどんどん 16.7     9.3    
2021年 カムカムエヴリバディ 16.4 19.7 17.1 9.0 11.2 9.6
おかえりモネ 19.2 19.2 16.3 10.6 10.6 9.0
2020年 おちょやん 18.8 18.9 17.4 10.4 10.5 9.6
エール 21.2 22.1 20.1  ※12 11.4 12.3 11.0

(NHK朝の連続テレビ小説 関東地区 視聴率)

 

まとめ

企画書を持つ手が震えたという浜辺美波さん。

今年の秋から撮影開始ということで、頑張ってほしいですね。

実際の人物をモデルに描いたフィクションということで物語も気になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました