あらすじと公開日・主題歌は?『シン・ウルトラマン』(庵野秀明の映画) 主人公役に斎藤工、相棒役に長澤まさみ。試写会を終えての感想も。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本を代表するヒーロー“ウルトラマン”が映画化。

映画『シン・ウルトラマン』として、2022年5月13日(金)に公開されます。

日本を代表するキャラクターとして愛されてきたウルトラマン。

それが原点の魅力に立ち返った上で、現代社会を舞台に描かれます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画『シン・ウルトラマン』あらすじ

 

次々と巨大不明生物があらわれ、その存在が日常となった日本。

通常兵器は全く役に立たず、限界を迎える日本政府は、スペシャリストを集結し、【禍威獣特設対策室】通称【禍特対(カトクタイ)】を設立。

班長・田村君男、作戦立案担当官・神永新二、非粒子物理学者・滝明久、汎用生物学者・船縁由美が選ばれ、任務に当たっていた。

禍威獣の危機がせまる中、大気圏外から突如あらわれた銀色の巨人。

禍特対には、巨人対策のために分析官・浅見弘子が新たに配属され、神永とバディを組むことに。浅見による報告書に書かれていたのは・・・

 

出演者

「主人公の”ウルトラマンになる男」禍特対の作戦立案担当官。
禍特対の分析官。主人公の相棒役
禍特対の班長。
禍特対の非粒子物理学者。
禍特対の汎用生物学者。
初代「ウルトラマン」に初登場し、凶悪宇宙人とも呼ばれているザラブ。

 

新たなウルトラマンのデザイン。

映画『シン・ウルトラマン』の主題歌は?

米津玄師の書き下ろしによる新曲「M八七(エム ハチジュウナナ)」

『シン・ウルトラマン』の主題歌を務めるにあたり「まさか自分が関わることになるとは夢にも思っておらず、青天の霹靂の一言に尽きます」とコメントしている。

2022年5月13日(金)先行配信。

2022年5月18日(水)シングルCD 発売

CDパッケージ:3形態 

「ウルトラ盤」

「映像盤」

「通常盤」

「M八七」ジャケットは米津玄師の描き下ろし

米津玄師コメント

主題歌のお話をいただいた時には「何かの間違いでは」と思いました。シン・ゴジラを劇場で何度も見ていた頃や、シン・ウルトラマンが制作発表された頃、まさか自分が関わることになるとは夢にも思っておらず、青天の霹靂の一言に尽きます。超然としたウルトラマンの姿を眺めながら曲を作りました。

 

斉藤工・長澤まさみ・西島秀俊ら試写会を終えての感想

斉藤工 スクリーンから圧倒的な何かを感じた。

長澤まさみ 一度見ただけではまだ処理しきれていない。

西島秀俊 ウルトラマンを見て育った自分にとって感慨深い。今の子供達にも見てほしい。

 

作品詳細

映画『シン・ウルトラマン』
公開日:2022年5月13日(金)
監督:樋口真嗣
脚本:庵野秀明
出演:斎藤工、長澤まさみ、有岡大貴、早見あかり、田中哲司、西島秀俊、山本耕史、岩松了、嶋田久作、益岡徹、長塚圭史、山崎一、和田聰宏
企画:庵野秀明
製作:円谷プロダクション、東宝、カラー
配給:東宝

 

 

まとめ

もうすぐ公開!

現代に蘇る「シン・ウルトラマン」公開が楽しみですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました