渡辺裕之さん死去、66歳。自宅トレーニング室で発見。縊死とは?妻原日出子事務所代表は。最後のInstagram投稿。

人物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

俳優の渡辺裕之さんが5月3日に、神奈川県内の自宅で亡くなっていたことが5日、分かった。

66歳でした。

関係者によると、自宅の地下にあるトレーニングルームで倒れていたという。

妻の原日出子(62)の所属事務所アルファエージェンシーも5日、万代博実代表取締役名で文書を発表した。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事務所発表の内容と妻原日出子事務所代表は?

「5月3日(火)昼頃、渡辺裕之さんが自宅にて縊死されました」と報告。

その上で

「あまりに突然の出来事に、弊社・原日出子は呆然自失としており、現在、皆様に何かお答えできる状況にございません。心の整理がつきましたところで、改めて皆様にコメントを出させて頂きます」

と、原がコメントを出せる状態にはないことを明らかにした。

「マスコミの皆様におかれましては、ご家族のご心情にご配慮頂き、取材等はお控え頂けますよう、切にお願い申し上げます。

尚、葬儀に関しましてはご家族との相談の上、密葬というかたちで執り行わせて頂きます。

株式会社アルファエージェンシー代表取締役 万代博実」

と、密葬を執り行うコメントを出した。

 

縊死(いし)とは?

縊死とは、一般的には首吊り死をさす。

紐などを首に掛けて、自身または他人の体重によって首が圧迫されることで呼吸や脳の血流が阻害され、脳や臓器に回復不能な機能障害が起き、結果として死に至ることを縊死と呼ぶ。

 

最近まで投稿していたInstagram。

渡辺裕之Hiroyuki Watanabe (@hiroyuki6267)

最後の投稿 2022年4月20日

「今朝の美人達、アップにすると違う表情が見えてくる」

 

Instagramには沢山のお悔やみのコメントが寄せられている。

驚きすぎて言葉も涙も出ません。。。どうかどうか安らかに。。。

信じられません。どうか安らかに…

御家族や奥様のお気持ちを思うと…どうか安らかに…

 

Instagram 3月7日の投稿

 

渡辺裕之氏の経歴

渡辺さんは、CM出演などで芸能の仕事をスタート。

82年に、出演した大正製薬「リポビタンD」のCM内の「ファイトー! イッパーツ!」のキャッチフレーズが人気となった。

同じ年の映画「オン・ザ・ロード」で俳優デビュー。

翌年には映画「だいじょうぶマイ・フレンド」に出演。

アクション俳優としても人気を博し、07年には映画「劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!」に、シリーズ史上最高齢(当時51歳)となる仮面ライダーとして出演した。

また、86年からドラマ「嵐シリーズ」の「愛の嵐」「華の嵐」「夏の嵐」に出演し、二枚目俳優としても活躍した。

93年には、約3年半の交際を実らせ、原と結婚した。

2人は、90年にドラマ共演をきっかけに知り合い、お互いの趣味である音楽を通して仲を深めた。

渡辺は交際3週間目にして早くも「熱愛宣言」をしたほど。

渡辺は初婚で、再婚の原には長女がおり、養子縁組の手続きも行った。

婚姻届は原が提出し、その際には「私の結婚よりも、娘の養子縁組の方が重いかな。学校でも日直当番のあいさつで、名字が変わったと言ったみたい。先生がびっくりしてました」などと話していた。

 

まとめ

66歳といえばまだまだこれからの人生色んなことができる年齢、とても残念…信じられません。

御家族のお気持ちを思うと言葉になりません。

どうか安らかにと願うばかりです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました