乃木坂46 ライブ 2022 神奈川 日産スタジアム(5/14,5/15)のセトリライブレポ「乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE」

セトリライブレポ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

5月14日(土)/ 5月15日(日)日産スタジアムで開催された乃木坂46・デビュー10周年公演「乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE」のセトリとレポート(大学生のバスラレポ)を紹介します。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

5月14日「乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE」セトリ 

0:OVERTURE

1:ぐるぐるカーテン

2:おいでシャンプー

3:走れ!Bicycle

4:指望遠鏡

5:せっかちなかたつむり 

6:狼に口笛を

7:制服のマネキン *生駒里奈登場

8:でこぴん

9:他の星から

10:バレッタ

11:君の名は希望

12:ロマンティックいか焼き

13:ガールズルール

14:気づいたら片想い

15:夏のFree &Easy

16:何度目の青空か?

17:ここにいる理由 *伊藤万理華登場

18:命は美しい

19:僕がいる場所

20:今、話したい誰かがいる

21:太陽ノック

22:悲しみの忘れ方

23:ハルジオンが咲く頃

24:サヨナラの意味

25:裸足でSummer

26:きっかけ

27:絶望の一秒前

28:ごめんねFingers crossed

29:インフルエンサー

30:他人のそら似

31:I see…

32:スカイダイビング

33:君に叱られた

34:ジコチューで行こう!

35:夜明けまで強がらなくてもいい

36:僕は僕を好きになる

37:Sing Out!

本編終了

EN1:会いたかったかもしれない

EN2:ハウス!

MC

EN3:乃木坂の詩

 

5月14日「乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE」バスラレポ

<大学生バスラレポ>

影ナレは、樋口日奈と和田まあやが担当。ライブがこれから始まるんだというドキドキが止まらない。その後のovertureが流れた時に10年の映像が流れて、更に「あぁ始まるっ!」と感じた。

 

映像にオリジナルメンバーとミュージックビデオと現メンバーが映し出されて、乃木坂を築いてきた人達と今のメンバーがこれからの乃木坂の歴史を作っていくと思うとエモくなった。

現地参戦するライブは本当に久々で鳥肌と興奮がとまらない。

ぐるぐるカーテンでは、紫と白の風船が大量に上がっていく演出があって最高!

 

生駒ちゃんが1期生メンバーと抱き合ってからのまさかの制服のマネキン!エモすぎる!!

 

生駒ちゃんからセンターが変わった後の乃木坂。乃木坂変革の時代の盛り上がる曲のオンパレード。会場のサイリウムのカラーが曲によって変わり、ライブ感増す。

 

伊藤万理華に関しては手紙とか一切なく、急にステージに上がってきて皆びっくり!何事もなかったかのように「ここにいる理由」を歌い出し、目が点w

 

「命は美しい」からは、遠藤さくらからのソロダンスから始まるが映像の演出とダンスがマッチしていてとても綺麗だった。乃木坂激動の時代に入り、世の中に乃木坂が広まったと同時に選抜メンバーから卒業生が出てきた時代でもあり卒業曲や名曲が多い。中でも「ハルジオンが咲く頃」と「サヨナラの意味」は、深川麻衣と橋本奈々未の卒業曲でサイリウムでファンが演出するところ。アリーナ席が黄色でスタジアム席が白でハルジオンの花を演出。ななみんのカラー緑1色にするなどファンの応援の一体感で「やっぱ乃木坂だな」と感じた。

 

飛鳥ちゃんのセンター曲では、推しタオルを掲げる演出が印象的で会場の一体感。楽しすぎる。「きっかけ」は自分の人生の分岐点にきっかけをくれた曲なので生で聴けて本当に感動した。

 

5期生の紹介と曲の紹介やスペシャル企画、オーケストラ生演奏で歌ったりと二日目に参戦できない人達のためだと思うが、ライブで人気の曲など2017年から2022年までの曲を披露していた感じ。ファンと一緒の航空写真を撮るなど10周年記念の特別なイベントも行われた。

 

「ジコチューで行こう!」では、花火がめちゃ連発で上がり盛り上がる演出も。アンコールでは生駒ちゃんと万理華がまた戻ってきて、現メンバーと一緒にライブを盛り上げた。2人が話しているのを聞いたとき、本当に大人になったんだなと思った。

最後は、いつもの「乃木坂の詩」でライブを締めくくった。

 

 

 

    

 

5月15日「乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE」セトリ 

0:影ナレ *今野さん

1:OVERTUTE

MC

2:インフルエンサー

3:逃げ水

4:いつかできるから今日できる

5:スカイダイビング

6:三番目の風

VTR

7:日常

8:誰よりそばにいたい

9:キャラバンは眠らない

10:ジコチューで行こう!

11:空扉

MC

12:帰り道は遠回りしたくなる *西野七瀬登場

MC

13:ありがちな恋愛

14:夜明けまで強がらなくてもいい

15:Sing Out!

16:4番目の光

VTR

17:毎日がBrand new day

18:I see…

19:しあわせの保護色 *白石麻衣登場

20:シンクロニシティ

MC

VTR

21:世界中の隣人よ

22:Route246

VTR

23:僕は僕を好きになる

24:ごめんね Fingers crossed

25:君に叱られた

26:最後のTight Hug *生田絵梨花登場

VTR *5期生紹介

27:絶望の1秒前

28:届かなくったって・・・

29:Actually…

VTR

30:制服のマネキン

31:世界で1番孤独な Lover

MC

32:他人のそら似

33:おいでシャンプー

34:夏のFree&Easy

35:太陽ノック

36:裸足でSummer

MC

10周年お祝い

中継

37:きっかけ

38:サヨナラの意味

39:君の名は希望

40:アンコール *高山一実・松村沙友理登場

41:ガールズルール

42:ロマンスのスタート

MC

カメラがバナナマンに向けられる

VTR *真夏の全国ツアー開催決定!

43:乃木坂の詩

 

 

5月15日「乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE」バスラレポ

<大学生バスラレポ>

影ナレのアナウンスが乃木坂LLC代表の今野さんということに笑った。

 

日本レコード大賞を受賞した曲でもある「インフルエンサー」から始まり、真っ赤な風船が上がった。いよいよ乃木坂がすごい勢いで人気を獲得していった時代で3期生も加入し新しい風が入ってきた頃の曲のオンパレード!コロナ感染のため、出演できていなかった与田祐希が登場して”やっと会えた”という感じ。2017年2018年の振り返り映像が流れ、自分の人生で行き詰まっていた時代に聞いていた曲が多いので、その曲たちが流れると当時の感情が溢れ出してきて、再度IQ3。。やばいしか言えなくなるw。「日常」では先日卒業したばかりの北野日奈子センターのアンダー曲で、仲のいい後輩の久保史緒里がセンターを務めて感激した。

 

MC終わりで、なぁちゃんが何の前触れもなく出てきてビビったw。卒業コンサートに行けなかったので、なぁちゃんセンターの「帰り道は遠回りしたくなる」を見れて号泣。本当にやばかった。トークでは、「なんで私のタオル持ってるんですか?」と驚きを隠せない。。

2019年に入り、乃木坂の主力メンバーがどんどん卒業していく中で新しい光となる4期生加入。また確変の時代へ。先輩の想いを継いでこれからの乃木坂を引っ張っていく。この辺から生のライヴで見れていない曲たちが出てきたので新鮮だった。特に4期生楽曲の「I see…」は、好きなで曲でもあるが会場で味わうのは別格だった。「幸せの保護色」は飛鳥ちゃんセンターで披露。まいやん忙しいから来ないと思っていたのに、突然1期生が扉を開けたら、向こう側にまいやん!!!会場大歓声!コロナで有観客でできなかった景色を見せようと、ファンたちが一斉にサイリウムを水色に!ファンの想いが一つになった。まいやんの「シンクロニシティ」をまた見れるとは。。

 

コロナ禍でライブが見れない、できないという時代に入り、その中で出した曲を披露してしんみり。「Route246」は圧巻だった。新時代の曲のオンパレード。

 

卒業した生田絵梨花が急にウィーンと登場!サイリウムは真っ黄色。卒コンも行けなかったので「最後のTight Hug」を生で聴けて本当に嬉しかった。最強で最高!

 

5期生の曲を披露。最新シングルの曲を連続で歌った。初日に参戦できなかった人達のための2011年から2016年までの曲も。10周年お祝い企画でまた航空写真を撮ったのだが、終わりと思ったらいくちゃんとまいやんとなぁちゃんが中継で出てきて、会場がどよめく。お祝いの蝋燭の火を灯して、一緒にお祝いできて嬉しかった。ライブ終盤でオーケストラ生演奏で感動。

 

アンコールでは、初日と違いスタジアムの東と西側に分かれてパフォーマンス。6周年バスラの時のような演出で、メンバーの発表で大盛り上がり!しかも、卒業生メンバーのまいやん、なぁちゃん、いくちゃんも分かれて発表されたので歓声が倍に!更に、高山一実と松村沙友理がサプライズで登場し会場は大歓声どころの話じゃないww。現実なのかこれは。。受け止めきれない状況。アンコールライブ中は、”いくちゃんとまなったんのコンビが見れたんだなぁ”とか”からあげ姉妹のツーショット” ”HITE HIGHがまた見れたなぁ” ”かずみんとなぁちゃんのコンビ” ”よだせまる” を見れてエモすぎてやばい。IQ1。。。語彙力0。。まいやんの煽りから入る「ガールズグループ」で会場からは地響き。コール禁止のはずが条件反射で会場からはコールが。。あれはしょうがないのでは(本当にごめんなさい)見れないはずのメンバーが見れてこの10周年記念のバスラは伝説のライブになると思う。さゆりんの暴露で関係者席のバナナマンにカメラが。設楽さん「ハフーン」で日村さん「バルシャーク」お知らせで「真夏の全国ツアー」発表!更に、9年ぶりに北海道での開催も決まり最高潮!最後は会場一体となって10周年で感謝の気持ちを込めて「乃木坂の詩」を歌って終了した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

5月14日(土)/ 5月15日(日)日産スタジアムで開催された乃木坂46・デビュー10周年公演「乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE」のセトリとレポート(大学生のバスラレポ)について

・5月14日「乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE」のセトリ

・5月14日「乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE」のバスラレポ(都内大学生)

・5月15日「乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE」のセトリ

・5月15日「乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE」のバスラレポ(都内大学生)

などについて紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました