7月「六本木クラス」出演の竹内涼真のプレッシャーは?韓ドラ「梨泰院クラス」と日本オリジナル版出演者についても。

エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

7月から放送される予定の新ドラマ「六本木クラス」主演は竹内涼真さんですが、韓国ドラマ「梨泰院クラス」が世界的にも人気が出たことでプレッシャーなどは感じていないのでしょうか。

コロナ禍で大人気となった韓ドラがいくつかありましたが、その中でも突出して人気のドラマだったということで気になりますよね。

今回は、そんな「梨泰院クラス」の日本オリジナル版「六本木クラス」に主演として出演する竹内涼真さんについて、どのような想いで演じようと思っているのか、また現場の様子などについて調べてみました。

テレビ朝日系「六本木クラス」は7月から毎週木曜日 21:00〜放送です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新ドラマ「六本木クラス」について

大人気韓国ドラマ「梨泰院クラス」を日韓共同プロジェクトでリメイクしたものになります。

日本最大の巨大外食産業の跡取り息子・龍河(早乙女太一)が引き起こしたある事件によって、絶望の淵に立たされた新(竹内涼真)。

彼は龍河とその父親(香川照之)に土下座をさせて罪を償わせるために復讐を心に誓います。

 

竹内涼真さん「六本木クラス」に対するプレッシャーはどうなのでしょうか。

大ヒット韓国ドラマ「梨泰院クラス」

今回のドラマは日韓共同プロジェクトでのリメイクになるようですが、全世界でヒットしたドラマをリメイクすることに否定的な人も少なからずいると思います。

そんな中、主演の新役を演じることになった竹内涼真さん。

プレッシャーを感じてはいないのでしょうか…

 

某記事によると、コロナ禍で家にいる時間が多くなりドラマ好きの人たちの間で「梨泰院クラス」が話題になっていた頃、竹内さんももれなく同じように見ていたそうですね。

話の構成やそれぞれの人柄や人間関係がユニークでエンターテイメントが詰まった作品だと思い、国をまたいでヒットした理由がわかったそうです。

見ていて率直に面白いと思ったし、今回こんなにも早く「梨泰院クラス」が日本オリジナル作品としてリメイクされると聞いて驚いたとか。

そして、その主役に抜擢されることにも戸惑いを感じ色々と考えてしまったそうです。

「プレッシャーを感じない」と言ったら嘘になってしまうけれど、撮影が始まった頃にはもうそういう気持ちは全てなくなっていたとのこと。

 

やはり、最初は竹内さんもプレッシャーと戸惑いがあったうようですね。当然だと思います。

 

竹内涼真さん「六本木クラス」で演じる新という役をどのように演じていくのでしょうか。

竹内さんの考える今回の主役・新という青年については自分の環境にコンプレックスを持って生きている人間だと思っているとのこと。

ドラマの中では報復の物語として描かれているけれど、主人公の新がいろいろな困難にぶつかりながら自分のコンプレックスを克服していく過程も大事にして演じていけたらいいなと思っているようです。

竹内さんなりに分析をした新という青年をどのように演じていくのか早く見たいですね。

 

撮影現場の雰囲気とキャストの皆さんの印象は?

撮影現場の印象は?

撮影現場の雰囲気は明るく、テンポも良く進んでいるようです。

キャストの皆さんやスタッフの方々との良い関係を作っていけたらいいですね。

今回の「六本木クラス」主な撮影は東京都内で行われているということで、どんな場所が出てくるのかも気になります。

 

キャストの皆さんについて

新木優子さん(楠木優香役)

すごく明るくて意志がはっきりしている方という印象。サバサバしていて頭の回転が早いところが役にあっているという感じ。

 

平手友梨奈さん(麻宮葵役)

桜坂46に所属していた頃、NHK紅白歌合戦でセンターで思いっきり踊っていた姿が印象深い。一瞬であれだけの感情を爆発させられる集中力やエネルギーを持っている方なので、これから一緒に熱いお芝居をするのが楽しみ。

 

香川照之(長屋茂役)

子供の頃に毎週楽しみにしていたドラマ「アンフェア」に出演されていた香川さんと今回初めて共演させていただくのですごく嬉しい。ドラマではガッツリ対峙する関係性なのでどうなるのかわくわくしている。

 

竹内涼真さんが俳優として仕事をしていく上で大事にしていることは?

このドラマの主人公である新は父親から「お前は信念を貫け」と言われますが、竹内さんが仕事をする上で大切にしている信念は「現場でちゃんとコミュニケーションを取る」ということだそうです。

自分のイメージだけで突っ走らず、周りの意見を聞いて皆で考えながら同じ方向を向いて力を合わせ、今回の役を演じていくようですね。

 

少なくとも終わった後に「良い撮影だった」と言いたいし、竹内さん自身が「この作品で全力を尽くした」と言えるように最後まで頑張りたいと思っているようです。

さらに、自分が俳優として役作りしてきたことを、ちゃんと現場でパフォーマンスできるかどうかということも信念の一つとして大切に思っているとのこと。

 

今回の撮影に入る前にあった2ヶ月間の間に、挙げたらキリがないほど役を演じるために役作りをしてきたという竹内さん。

原作はこうだったと感じることもあるけれど、演じるときにはその思いはキッパリと捨てて演じるようです。

 

まとめ

7月から放送される予定の新ドラマ「六本木クラス」主演は竹内涼真さんですが、韓国ドラマ「六本木クラス」が世界的にも人気が出たことでプレッシャーなどは感じていないのかというところから

・新ドラマ「六本木クラス」について

・竹内涼真さん「六本木クラス」に対するプレッシャーはどうなのか。

・竹内涼真さん「六本木クラス」で演じる新という役をどのように演じていくのか。

・撮影現場の雰囲気とキャストの皆さんの印象は?

・竹内涼真さんが俳優として仕事をしていく上で大事にしていることは?

などについてまとめてみました。

この撮影に入る前にかなりの準備をしてきている様子の竹内涼真さん。

これから一体どんな日本版のドラマが出来上がっていくのか楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました